親知らず抜歯費用

医師や専門家が深く詳しく解説します

親知らず抜歯費用

医師や専門家が深く詳しく解説します

親知らずの抜歯費用はいくら? 親知らずの状態によって費用が異なる?

公開日
更新日

 
執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師)
医療監修:株式会社 とらうべ
 
 
腫れや痛み、また、口臭の原因になる「親知らず」。抜歯にいたる場合の多い歯です。
 
でも、「抜歯のために受診したら、どのくらい費用がかかるのかしら?」と心配になる方もいらっしゃるでしょう。
 
親知らずの生え方によって費用は違ってきます。
 
親知らずの抜歯費用 についてみていきましょう。
 
 

親知らずとは

 
親知らずは「親の知らない間に生える」という由来から名づけられたという説があります。
大臼歯は上下左右3本ずつあって、それぞれ名前が付いています。
 
第一大臼歯は「6歳臼歯」、第二大臼歯は「12歳臼歯」、そして親知らずの第三大臼歯は「18歳臼歯」です。
 
親知らずが生える人とそうでない人がいます。それは、顎の骨に原因があります。
 
大昔、人間にはキチンと親知らずが生えていたようです。
 
というのも、当時は現在よりも食べ物自体が硬く、シッカリかみ砕かなければならないので、顎がそれだけ発達し、親知らずも生えていたというわけです。
 
しかし、現代人は柔らかいものを好み、あまり噛まなくなって、顎が小さくなってきて、親知らずが出てくるスペースが無くなってしまっています。
 
また生えてきても横向きだったり斜めだったり、歯磨きがしにくく、そのため虫歯になる可能性が高いのです。
 
 

スポンサーリンク



親知らず抜歯の費用

 
抜歯は親知らずの生え方、状態によって手術が変わるため、費用も違ってきます。
 
当然のことながら、複雑になればなるほど費用もかさむことになります。
 
保険適用が基本ですが、抜歯自体が美容や矯正を目的とする場合は対象外です。
 
また、麻酔の方法を本人希望で、全身麻酔にするなどの場合も対象外です。
事前に医師とよく相談をしましょう。
 
 
ちなみに、保険料が3割負担の方の実費料金を例に挙げてみました。
 
それが次の場合です。
 
 

歯石をとる

 
抜歯をする前に口の中をきれいにしたほうが、細菌感染の予防にもなります。
 
そのため、定期的に口腔内クリーニングを行っていない場合は、歯石などをとりクリーニングを行います。
 
1回・3,000円位ですが、歯石が多い場合は、何回かに分けて行う必要があります。
 
 

レントゲン撮影

 
親知らずは、とくに根がどちらの方向に生えているのかが重要です。
 
そのため必ずレントゲン写真を撮りますが、口全体を見ることができるパノラマ写真なら1,500円ほどです。
 
場合によっては、CTレントゲンを撮影することになるかもしれません。抜歯前後に撮るでしょう。
 
こちらは、1回・3,000円位です。
 
 

抜歯

 
・比較的まっすぐに生えている場合
まっすぐに親知らずが生えていれば、抜歯は短時間で済み、料金は2,000円程度です。通院も3回位ですみます。
 
 
・歯根が横向きや斜めの場合
親知らずの頭が出てはいますが、横向きだったり斜めだったりした場合、歯茎を切開して、歯を割って、親知らずの頭と根の部分を分けて抜歯することが多いです。
 
手術時間は20分ほどで、3,000円位で、その後の通院回数は、3~4回程度です。
 
 
・埋まっている場合
歯茎の中に埋まった状態のままの親知らずだと、歯茎や骨を取り除いて、親知らずを何個かに砕きます。
 
手術時間は30分以上かかるでしょう。
 
4,000~5,000円位ですが、その後の出血や腫れの状態によって通院回数も変わります。
 
 
・口腔外科の場合
大学病院などの口腔外科では、一般歯科医院よりも機材設備が整っていて、症例数も多いので安心でしょう。
 
場合によっては他科との連携が取れるので、それも利点です。
 
費用は一般歯科医院と変わりません。しかし、初診の場合は紹介状がないと対応してもらえないことが多く、紹介状には5,000円ほどかかります。
 
 
・入院する場合
全身麻酔で、親知らずを4本一気に抜く場合は、入院して行います。また、他に病気があって全身麻酔を行う場合は、入院の必要があります。
 
入院の費用は病院によって差がありますので、担当医に事前に確認してください。
 
費用は、その施設によって違いがありますので、事前にきちんと確認しましょう。
 
 

親知らずの抜歯費用 まとめ

 

  • ・親知らずの生え方によって手術方法が変わる
  •  

  • ・抜歯は、保険適用だが、美容や矯正目的では、適用外となる
  •  

  • ・本人希望の全身麻酔などは、保険外である
  •  

  • ・抜歯は、1本2,000~5,000円ほどである
  •  

  • ・総合病院や大学病院への口腔外科受診は紹介状が必要で、5,000円ほどかかる
  •  

  • ・入院して行う場合は、その施設に問い合わせる

 
<執筆者プロフィール>
南部 洋子(なんぶ・ようこ)
助産師・看護師・タッチケア公認講師・株式会社 とらうべ 社長。国立大学病院産婦人科での経験後、とらうべ社を設立。タッチケアシニアトレーナー
 
<監修者プロフィール>
株式会社とらうべ
医師・助産師・保健師・看護師・管理栄養士・心理学者・精神保健福祉士など専門家により、医療・健康に関連する情報について、信頼性の確認・検証サービスを提供
 
 

編集部オススメリンク(外部リンク)

 
関連した情報として以下のものがあります。ご参考にしてください。
 
◆ホワイトエッセンス渋谷サイトの中で親知らず抜歯の費用について説明しているページである親知らず抜歯の費用(料金) | 渋谷の歯医者ならホワイトエッセンス渋谷は、親知らず抜歯の費用についてわかりやすく説明されています。
 
◆親知らずとかみ合わせの関係について歯科医が説明した動画
 

 
◆Mocosuku運営の姉妹サイト

 
「親知らず抜歯の痛み はどれくらい? 肝心なのは抜歯の後!!!」
 
「親知らずが虫歯になったら、まずは歯医者さんへ!放っておくと、他の病気が発症することも!」
 
「親知らずが痛い 。。。そういえば、親知らずってなんで痛むんだろう?」
 

※なお記事中の語句に張られたリンクをクリックすると、当該語句について詳しく説明した当サイト内もしくは外部サイトの記事へ移動しますので、ご活用いただければ幸いです。